命の危機|最新の治療で心筋梗塞を打破しよう

病院

早期発見が難しい病気

病棟

すい臓がんは消化器官の一つであるすい臓に癌が出来る病気です。そんなすい臓がんの特徴とはどういったものでしょうか。すい臓がんは初期症状がほとんどないというのが特徴の一つです。ですから自分がすでにがんに侵されていても気づかないことが多く、自覚症状が出て病院でがんが発覚した時にはすでに手術できないほどがんが進行していることが多いです。また、すい臓は他の内臓の内側にある為、検査でがんを見つけること自体がとても難しいのも特徴です。そして、すい臓がんはがんの王様と呼ばれるほど治療が難しいがんの一つであるのも特徴の一つで、癌の治療が成功したという一つの目安である5年生存率が他のがんと比べるととても低くなっています。

すい臓がんに関して注意することとはどういったものでしょうか。すい臓がんの治療には他のがん以上に早期発見が重要ですが、すい臓がんは厄介なことに初期症状がほとんどなく、自分自身での早期発見がとてもむずかしいです。ですから、日ごろから自分の体調をよく理解することと、ある程度の年齢になったら定期的に検診を受け、常に健康に対して注意を払うようにしましょう。万が一すい臓がんにかかり、治療できたとしても、このがんはとても再発率が高いので継続的な治療が必要になります。治療後も治ったと油断しないように注意しましょう。医師が指示した通院日には必ず病院へ行って適切な治療を受けてください。また、手術時には他の消化器官も切除していて消化機能が低下している場合が多いので、無理な食事をしないように注意しましょう。