命の危機|最新の治療で心筋梗塞を打破しよう

医者

胃に発生する癌

婦人

男性に発症する確率の高い胃がんは、肺がんに次いで死亡者数が多い病気です。インスタント食品やアルコール、煙草の過剰な摂取が要因ともいわれ、早期発見は難しいとされています。また治療には、外科手術や免疫療法などを組み合わせることが可能です。

詳細を読む

現在主流の治療法

女性

体への負担が少ない

心筋梗塞は、心臓の血管が閉塞してしまう疾患です。血管が閉塞してしまえば、当然、心臓への血流はなくなりますし、血流がなくなれば、心臓は壊死してしまいます。壊死した心臓を蘇らせることは、現在の医療では不可能です。つまり、心筋梗塞を発症してしまうと、間違いなく心臓の機能は永久に失われることになりますから、心筋梗塞は非常に恐ろしい病気なのです。上記のことを踏まえると心筋梗塞の治療は、いかに早く心臓への血流を再開させることが目的であり、且つ、肝心となります。そして現在、心筋梗塞治療の主流となっているのが、カテーテルを用いた治療です。カテーテルを用いた治療は、閉塞した血管を再び開通させる治療法となります。他にも、血管の閉塞はそのままに、新たな血管を設置し、血流の迂回路を作るバイパス手術もありますが、バイパス手術は大掛かりであるため、カテーテルを用いた治療が主流となっているのです。

高まる信頼性

バイパス手術は開胸しなければならないというのが、大掛かりである理由です。一方のカテーテルを用いた治療は、カテーテルを血管に挿入して治療を行うことになります。具体的に治療は、どのように行われるかというと、まず、ガイドワイヤーと呼ばれる細い針金を挿入し、閉塞を貫通させます。そしてバルーンカテーテルを挿入し、患部でバルーンを膨らませて血管を広げます。そして、ステントと呼ばれる筒状の医療器具を挿入し、血管が広がった状態を確保します。以前はバルーンを広げる段階で治療は終了していましたが、それでは再び閉塞してしまうのでステントが用いられるようになりました、ステントを用いても再び閉塞してしまう可能性はあるのですが、現在は再閉塞を防ぐ薬剤がステントに塗られていますので、再閉塞の可能性は低くなっています。

早期発見が難しい病気

病棟

すい臓がんは初期症状がほとんどないのが特徴の一つで発見した時にはかなり病気が進行していることが多いです。すい臓がんから自分の身を守るには常に自分の体調に注意を払い、ある程度の年齢になったら健康診断を受けるようにしましょう。

詳細を読む

痔だと思ったらがんだった

ガイダンス

大腸がんは日本人女性のがん死因の第1位、男性でも第3位です。初期では自覚症状があまりなく出血があっても痔だと思い込み放置されるケースもあります。進行すると血便が出たり、腸閉塞を起こすことがあります。早期発見できれば、高確率で完治が見込めます。早期発見のために毎年健診を受けるようにしましょう。

詳細を読む